沿革史

年 度 年月日 事  項
昭和43年 S44.3.1 県小中教頭会準備会発足
昭和44年 S45.2.28 ①結成総会7市8郡のうち4市5郡、1郡のうち2町292名(74%)加入
昭和45年 S45.6.27 ②総会兼研修会7市8郡のうち6市7郡加入343名年度末368名
  S45.8.21 全国公立学校教頭会に加盟
  S45.8.27 研修会
  S45.11.7 研修会
昭和46年 S46.6.9 ③総会並研修大会8市8郡全加入402名待遇改善を訴える社交集団から研究集団へ
  S46.8.23 夏期研修大会
  S46.11.13 秋期研修大会
昭和47年   研修のあゆみ発刊
昭和48年 S48.4.1 東海北陸地区公立学校教頭協議会加盟
    法改正委員会設置
昭和49年 S49.9.1 「教頭法」施行(S49.6.1「教頭法」公布)
  S49.9.20 会報「教頭会だより」発行
昭和50年 S50.8.5~7 第17回全公教研究大会石川大会開催2,570余名参加
昭和52年   研修大会を年1回開催に変更
昭和53年 S53.4 事務局開設(金沢市広坂一丁目県庁南分室内)
昭和54年 S54.10.26,27 第7回東海北陸地区公立学校教頭会研修大会石川大会開催
昭和55年   代表者研修会年4回(金沢2回加賀地区能登地区)開催
昭和58年 S58.12.8 事務局を石川県文教会館に移転
昭和59年   「基本調査」作成
昭和60年   法改正委員会の名称を要請活動推進委員会に変更
昭和62年 S62.10.23,24 第15回東陸研修大会石川大会開催
平成5年   東海北陸研究大会特別会計を設立(平成7年度まで)
平成7年   役員引継ぎを4月で行う(総会は新役員が運営)
  H7.10.26,27 第23回東陸研究大会石川大会開催
平成9年   役員承認を第1回代議員会の議決事項とする
    要請活動のめあて「魅力ある教頭職をめざして」に変更
平成10年   活動方針に「学校のスリム化」についての実践を入れる
平成11年   活動方針に「新しい学校づくり」についての実践を入れる
    代表者研修会の名称を代表者研究会に変更
平成12年 H12.5.31 県同和教育研究協議会に加入
平成13年   8月開催の地区別代表者研究会を廃止し、研究大会に一本化
    特別会計に東陸研究基金を設立
平成14年 H14.10.17,18 第30回東陸研究大会石川大会開催
平成15年   東陸研究基金の名称を研究基金に変更
平成19年   活動方針を変更し、共通実践課題(2年ごとに)を設定(23年度まで)
    ホームページを開設
平成20年   総会を午後開催に変更
平成21年 H21.10.1,2 第37回東陸研究大会石川大会開催
平成22年   要請活動推進委員会の名称を調査要請活動推進委員会に変更
平成25年   総会の名称をセミナーにし、研究大会を8月に開催
    代議員会を、基本年2回開催に変更
平成27年   代表者研究会の名称を郡市研究代表者研修会に変更
平成28年 H28.10.24,25 第44回東陸研究大会石川大会開催
平成30年 H30.5.21 「創立50周年記念誌」発刊
    ホームページをリニューアル

Posted by 事務局